あのときの「ゴルフ会員権」を今でも

私の今の年齢は45歳!(もう人生の折り返し地点も過ぎました~)20代の前半にゴルフを始めたのですが、全て自己流ではじめたのでまったく上手くならなかったのを覚えています…そのときは約二年間くらいは続けたのかな~まぁ、それくらいの期間しかやっていなかったので、ほぼ初心者でしたがバブルの頃でお金があったこともあり、当時「ゴルフ会員権」も購入していたのです(今、ゴルフ会員権の相場をみてみると当時とは比べものにならないくらいの価格になりましたね~驚きました!!)。そして、あのときのゴルフ会員権を今でも所有していて、また五年前くらいからゴルフを始めたのです。五年経った今、いろいろ感じることがあるので書き記したいと日記を始めることにしたので、よろしくおねがいします…

昔の自分に反省しています

若いときと今の自分を比べると全然変わりましたよね~見た目はもちろんですが、中身が大人になったと言うのか成長したと言うのか…昔の自分は好き勝手にやっていてゴルフのマナーというものがなっていませんでした!?ゴルフのスコアって自分で書き込む、自己申告制のスポーツなんですが当時の私は、よく誤魔化していましたね~10打は叩いたのに、6打とか書いたりしてホントに最低なゴルフをしていました…(猛烈に反省しています!タイムマシーンがあれば正したい!?)今の自分はそういうインチキもなく、しっかりスコアを書いていることを考えれば少しは成長したかな~と思ったりして…(当たり前のことですけどね!)

年齢からくる余裕が心地良い

毎月の友人達とのゴルフが楽しみになっているのです…このことは、若い頃では考えられないことなのです!昔は友人とゴルフなんて考えたこともありませんでした!?ゴルフは仕事の延長上にあるものでしたから…この年になると友人達と会うのはゴルフくらいで、しかも月に1回(月に1回合うのって多いですよね~)!スコアを競い合うこともありますが、楽しくゴルフをしながら、昔話や今現在のことをネタにゆっくり話しながら楽しむことが余裕というのか、若い頃には思わなかったこの感覚が楽しいのです。1台の車に乗って観光気分もあって良いものですよ~

ゴルフ会員権に感謝してます

少しづつですが、ゴルフが上手くなり楽しくなってきましたね~♪「ゴルフ会員権」があることにも感謝しています…ゴルフクラブのメンバーになると1人でもゴルフができますが、なかなか1人でって難しいものですよね?最近はゴルフの腕がメキメキ上達しているので「時間が空いたら1人でも行こうかな~」と思う勢いでもあるのです(まだ行動を起こしてはいませんけどね!)。それくらいゴルフにハマっていて、もっと社交的になれればドンドン1人でもゴルフクラブに通えるのですけど、もうひと息って感じですね!ゴルフの楽しさがわかってきましたね~

ゴルフを好きになると…

最近はゴルフの調子も絶好調で安定してきましたね!(スコアはのびなきゃいけないのですが、まったくくずれなくなりましたよ。)インターネットで読んだのですが、ゴルフを好きになるとそれだけで上手になるというのです!だいぶ前に読んだサイトだったので、当時は「そんなワケあるか!ボケッ!」ってなものでしたが、今ならそれがわかる気がします…たしかに私もゴルフが好きになり楽しくなりはじめてからゴルフが上手くなったような気がするので、ゴルフが好きになると上手くなるということは本当だと今では思えるのです…(好きになればたくさん練習しますもんね♪)

ゴルフ会員権の相場について

ゴルフ会員権の売買は、ゴルフ会員権仲介業者を通じて行われますが、その指標として売り希望の相場と買い希望の相場があります。
ゴルフ会員権の売買は、”相対取引”といって、売りたい人と買いたい人の希望がマッチすることで取引成立となります。売り希望とは、”この値段で売ってもいいという人がいる価額”、買い希望とは”この値段なら買ってもいいという人がいる価額”です。当然、売り希望のほうが買い希望より高い金額が付いています。
たとえば売り希望100万円、買い希望80万円といったら20万円の開きがあって取引が成立しませんが、売りたい人の中から、”では90万でも売ってもいい”という人と買いたい人の中から”もう少し出してもいいから手に入れたい”という人がいると、その価額で取引は成立します。
相場を調べるときは、成約価額を知るのが一番確実ですが、成約価額は公開されていない場合もあるので、売り希望と買い希望両方から判断します。

ゴルフ会員権の譲渡の方法について

ゴルフ会員権を譲渡したいと思ったときにはどうすれば良いのかというと、もしも誰かに渡したいと言うことが決まっているのであれば、名義書換をするという方法が一般的です。別の人に名義を書き換えると言うことが、ゴルフ会員権を譲渡するということを意味すると考えれば良いでしょう。名義書換をすることによって権利はその人に移されることになります。もしも受け取ってくれる人がいないという場合には、ゴルフ会員権を売却する事になります。相場で売却するということになりますから、取引を仲介してくれる業者を探すことが必要となります。売却をして利益が発生した場合には譲渡所得となりますから、課税関係についても把握しておく必要はあるでしょう。

ゴルフ会員権を他人に譲渡する場合の主な必要書類

ゴルフ会員権の他人への譲渡は、ゴルフ会員権の証券に加えて、必要書類が全てが揃った段階で初めて可能となります。
ゴルフ会員権を他人に譲るにあたって譲渡者が用意しなければならない書類には会員権の証券以外に、所定の期間内に発行された印鑑証明、ゴルフ場の会員証、ネームプレート、帽章があります。これに加えて、譲渡者が法人の場合は登記簿謄本が、住所を移転する場合は住民票も必要です。また、書類ではありませんが、手続きに用いる印鑑として実印が必要です。
この他にはケースにより、名義書換申請書や委任状、代金完済証明書、譲渡通知書などが必要となります。必要書類は会員権を所有しているゴルフ場により異なるので、他人へ譲り渡す場合は必ず事前にゴルフ場へ問い合わせて確認しましょう。